shimizu のすべての投稿

MOVERIO BT-35EでWebRTC通信(試作)

Cooperating RazVision WR and MOVERIO BT-35E

MOVERIO BT-35Eと、WebRTCウェアラブル通信システムRazVision WRの連携を試作しました。BT-35Eはスマホに直結できるようになり、

  • 取り回しがシンプルになり、
  • スマホに挿すだけで使え(使いたいときにすぐ使える)、
  • スマホの選択肢が広がった

等々、使い勝手が向上しました。引き続き当社では、BT-35Eを活用したビデオコミュニケーションの研究を推進していきます。

ウェアラブルカメラ取付位置の考察

遠隔作業支援用ウェアラブルカメラの選定は悩ましいです … どこで何を撮るのか、撮った動画をどうするのか、必要な解像度・フレームレート・レンズは、等々。ここでは、上図のような作業者と指令所の遠隔コミュニケーション環境において、作業者の体のどこにカメラを付けるべきなのかを考察してみます。

作業内容を2つに分けます。

  • 集中型:作業対象の装置等に集中する
  • 分散型:警備員のように注意力を多点に分散させる

作業対象までの距離を2つに分けます。

  • 近:手が届く範囲
  • 遠:1メートル以上先

以下表のように、各作業内容・対象から付けるべき部位を分類します。

集中型 分散型
① 眉間
② 頭部 ③ 胴

ウェアラブルカメラ取付位置の考察

『集中型:近』では、作業者が「このレバー」と言ったときに、指令所に「どのレバー」か伝わらなくてはなりません。①眉間近傍にカメラが無いと正確に伝わりません。取付位置の都合、カメラは小型で軽量な必要があります。

『集中型:遠』ではカメラ位置に対する厳しい要件は無く、頭部の付けやすい場所で良いです。②頭部側面であれば、防水性等を考慮したカメラを作りやすいです。

『分散型:遠』では、頭部にカメラがあると画像が動き過ぎて見辛いです。③胴体にカメラを付けることで動きをかなり抑えられます。

当社では遠隔作業支援向けシステムを開発していて、このような課題の解決を日々模索しています。関連ページ:小型高感度カメラ

…なお、『分散型:近』は実用性が低いので考慮から外しました。

Vision Stuttgart

Vision Show (2016/11/8-10, Stuttgart) に出展しました。小さいブースながらも盛況でした。スマートグラスMOVERIOと、小型サーマルカメラOWLIFT連携のデモがよくウケました。欧州ビジネスを加速させます!


Vision Stuttgart メモ

会場のMesse Stuttgartは、空港から徒歩5分程度です。空港からメッセまでの歩道の写真です。開場前は出展者でいっぱいです。

橋をくぐるとメッセに到着です。広いです。

会場はこんな感じです。1ホールしか使わないので、広すぎることはありません。

出展した時の雑多なメモです。

  • 客層は非常に良いです。カメラの専門家・ユーザしかいません。欧州全域から来場されています。今年は、中国・韓国からの来場者も多かったです。
  • 上記写真でも分かるように、天井に窓があります。Visionは主にカメラの展示会です … 日差しによっては展示がし辛くなるでしょう。
  • 会場内にはフリーWiFiはありません。モバイルルータは会場内では繋がりにくかったです。
  • 会場内に打合せスペースや椅子はほぼありません。
  • 会期中の電車(S-Bahn)はずっと遅れていました。
  • 会期中、天候はずっと曇り時々雨、雪が降ったこともありました。外は寒いですが、会場内は快適です。
  • 会場内のレストラン・売店はとても小さいです。ただ、その辺(?)にパンや飲み物(しかも結構おいしい)が置いてあったりすることもありました。
  • 空港内のキオスクから郵便荷物を送ることができました。

Stuttgart について

とてもきれいな街で、フラフラするだけでも楽しめます。新宮殿の夜景です。なお、新宮殿前のショッピングモールには、かなり大きな家電量販店(SATURN)があります。展示物の不調で困ったら駆け込みましょう!

Stuttgart Hbf (中央駅) のベンツマークの塔は無料で登ることができます。

有名な市場(Markthalle)とその周辺です。


ビール(Weiße)最高です!なんと、アルコールフリー(写真左)もありました。