カテゴリー別アーカイブ: 技術

技術の話、日本語

低温度の疑似黒体

サーマルカメラの実験のために0~100℃程度の疑似黒体が必要なので、ペルチェ素子を使っています。
しかしペルチェ素子を室温より低い温度にしようとすると、排熱が間に合わずに数度程度低くなるだけでした。
目標は室温が40℃以上の中で、ペルチェ素子を10分間0~10℃の間の任意の温度にすることです。
そこで、写真のようにプラスチック容器の中に氷と水を入れてヒートシンクを冷やしてみました。
電流・電圧の調整が難しかったのですが、目的は達成できました。

ふたの裏はこうなっています。

使用後、氷にヒートシンクの跡が。

Raspberry Piで温度センサADT7410を使用

秋月電子で購入した温度センサADT7410のモジュールをRaspberry Piに4個I2C接続して、温度を取得できるようにしました。
サーマルカメラの実験において室温を測定するために使用します。

Raspberry PiとADT7410を接続する基板は、もともとPICマイコンボードを挿すために作ったものを流用しました。

以下、使用したプログラムです。

実行すると以下のような出力が得られます。


ADDR:48
ADDR:49
ADDR:4A
ADDR:4B
2017/11/28 21:05:26, 18.02, 18.21, 18.10, 18.35
2017/11/28 21:05:31, 18.07, 18.22, 18.13, 18.37
2017/11/28 21:05:36, 18.15, 18.23, 18.17, 18.33

USBディスクリプタ解析ツール USB Device Tree Viewer

USBディスクリプタ解析ツール USB Device Tree Viewer

ディスクリプタの解析にはUSBプロトコルアナライザが有用ですが、簡易的な解析であればUSB Device Tree Viewerが便利です。ここではUSB Device Tree Viewerの使い方を説明します。

ダウンロード

USB Device Tree Viewer はこちらで公開されています。
usbtreeview.zip をダウンロードして展開します。

実行

[展開したフォルダ]\Win32\UsbTreeView.exe を実行します。

解析したいUSBデバイスをPCに接続すると、左側のビューにそのデバイスが現れます。 その現れたデバイスを選択すると、右側のビューにそのディスクリプタ内容が表示されます。 クラスデコードして表示してくれます。

選択中のデバイスの解析内容を保存するには、メニューの [File]->[Save Report from selected item] を選択して、保存先のファイル名を指定します。

その他

USB Device Tree Viewer は、USB Device Viewer (usbview.exe) をベースに開発されたそうです。USB Device Viewer はマイクロソフト社の Windows Driver Kit などに含まれている Debugging Tools for Windows のプログラムであり、オープンソース化されました。USB Device Viewer は WDK7 (Windows7用のWDK) では uvcview.exe という名称でした。