「技術」カテゴリーアーカイブ

技術の話、日本語

安全メガネセット取付方法

MCS-M291A専用安全メガネセットの取付方法について説明します。

■同梱品リスト■
(1)安全メガネ(鼻パッド装着済)
(2)カメラクリップ
(3)L型USBケーブル(Mini -> Standard-A)
(4)USB変換ケーブル(Standard-A -> Micro-B)
(5)結束バンド
※この他にカメラに同梱している固定板留めネジを使用します

■取付方法■
カメラ本体とクリップのフック側(同梱品リスト(2)-A)の平らな面を合わせて固定板に同梱されているネジで留める
ネジで留めたところ
※ケーブル差込口が上になるようにしてください
メガネに固定する
クリップのフックをメガネの
前面から鼻部分に引っ掛ける
裏面から同梱品リスト(2)-BとCで固定する
取付後 ※上から見たところ
メガネのカーブとクリップの中面は一致して
いないため左右に少し動きがあります
※ケーブルが邪魔な場合付属の結束バンドでメガネに固定できます
その際はメガネの穴をご利用ください

RazVision WR ユーザとルーム

RazVision WRでは、電話のようにユーザからユーザへ直接呼出しをして通話することはできません。
電話とは違います

同じ「ルーム」に入室したユーザ同士が通話できます。
ルーム内で通話します

RazVision WR クラウド版 ユーザとルーム

カメラを1台ご購入頂くと、1ルームと、そのルームに入室できる2ユーザを発行します。
カメラ1台で「1ルーム&2ユーザ」を差し上げます

カメラを2台ご購入頂くと、以下のように2ルームと4ユーザを発行しますが、図中の白いヘルメットのユーザと、オレンジのヘルメットのユーザは同じルームに入室できないため通話できません。
白いヘルメットのルーム
オレンジのヘルメットのルーム

RazVision WR クラウド版 大口特典

カメラを10台以上ご購入頂いたお客様には特典があります。まず、各ルームに3ユーザまで登録できます。3者通話もできます。
10台以上特典:1ルームに3ユーザ

さらに、ご要望に応じたユーザとルームの付け替えを設定します。ただし、設定上の条件があります。

  • ※1:1ユーザが入室登録できるルーム数に制約はありません。
  • ※2:1ルームに登録できるユーザ数は最大3です。

ユーザ・ルームの付け替え例

補足

なお、ここまで述べたユーザ/ルームの構成や制約、概念は、将来に改善や変更されることがあります。また、RazVision WR オンプレミス版/テナントサービス版では、さらに柔軟なユーザ/ルーム設定の提案ができます。

MOVERIO BT-35EでWebRTC通信(試作)

Cooperating RazVision WR and MOVERIO BT-35E

MOVERIO BT-35Eと、WebRTCウェアラブル通信システムRazVision WRの連携を試作しました。BT-35Eはスマホに直結できるようになり、

  • 取り回しがシンプルになり、
  • スマホに挿すだけで使え(使いたいときにすぐ使える)、
  • スマホの選択肢が広がった

等々、使い勝手が向上しました。引き続き当社では、BT-35Eを活用したビデオコミュニケーションの研究を推進していきます。