OWLIFT Type-A/B 温度テーブルの違い

OWLIFT Type-AとType-Bの温度テーブルには違いがあります。

  • Type-A … 温度値が「ケルビンx100」で格納されます。
  • Type-B … 温度値が「ケルビンx10」で格納されます。

温度テーブルに格納されている値がx100なのかx10なのかを取得するために、OWLIFT SDK 1.6.0 で次の関数が追加されました。

int OwLib_GetLastTempResolution(OwDev dev)

この関数は100か10を返します。温度値を OwLib_GetLastTempResolution() の値で割ることで、Type-A/Bの両方に対応できます。