機能配置(Function Topology):機能ブロックの種類

UVC通信の機能を策定するには、機能配置を確定させなくてはなりません。機能配置は、カメラが持つ機能をUVC通信規格に合わせこむ作業です。UVCの機能配置は大きく2つ(Terminal,
Unit)から成ります。Terminal, Unitは以下のように定義されています。

Input Terminal

外部からデバイスへの入力を司ります。USBカメラやUSBビデオ入力端末では、ビデオデータの入力インターフェースとなります。入力データとしてビデオデータはもちろん、オーディオやメタデータも扱えます。

Camera Terminal

カメラ用に拡張されたInput Terminalです。Input Terminalに対して、以下カメラ制御用オプションが追加されています。全てのオプションに対応する必要はありません。

  • Scanning Mode(Progressive/Interlace)
  • Auto-Exposure Mode
  • Auto-Exposure Priority
  • Exposure Time
  • Auto-Focus
  • Iris(絞り)
  • Zoom
  • Pan
  • Roll
  • Tilt

Output Terminal

デバイスから外部への出力を司ります。USBディスプレイやUSBビデオ出力端末では、ビデオデータの出力インターフェースとなります。

Processing Unit

ビデオデータの処理を司ります。以下ビデオ処理オプションがあります。全てのオプションに対応する必要はありません。

  • User Controls
    • Brightness
    • Contrast
    • Hue(色調)
    • Saturation(彩度)
    • Sharpness
    • Gamma
    • Digital Multiplier (Zoom)
  • Auto Controls
    • White Balance Temperature
    • White Balance Component
    • Backlight Compensation
  • Other
    • Gain
    • Power Line Frequency
    • Analog Video Standard
    • Analog Video Lock Status

Extension Unit

UVCデバイスが持つ、ビデオデータのベンダ固有処理を司ります。一般的には、Extension Unitが持つベンダ固有処理をサポートするには、ホスト側SWに対応する機能を新たに設計する必要があります。

Selector Unit

TerminalとUnitはPinで接続され、データや制御が繋がります。このデータや制御の流れを決定するために、Selector Unitは入力データの選択、ルートを決定します。