Androidに接続されたUSBカメラを、PCに挿されたUSBカメラとして扱う研究

Androidに接続されたUSBカメラを、PCに接続されたUSBカメラのように扱う研究試作に成功しました。

Android接続仮想USBカメラ

AndroidのUSBカメラ画像をネットワーク(WiFi等)でPCに送信し、WindowsのマルチメディアフレームワークであるDirectShowのソースフィルタで受信することで、遠隔にあるAndroidに接続されたUSBカメラがあたかもPCに接続されたかのように扱うこと(仮想カメラ)ができます。USBカメラを接続するサードパーティ製アプリ(VLC media player, Ustream Producer等)にて、Andoridに接続された遠隔にあるUSBカメラを使用できます。なお、音声(仮想マイク)も同様にできます。

Android接続仮想USBカメラ

アプリケーション上では、遠隔にあるUSBカメラがPCに挿されたUSBカメラのように認識されます。上図中ではVLC media playerにおいて、”VarCamVideo 00″とある仮想カメラとして認識されています。

デモビデオ

Androidに接続されたUSBカメラの動画をWiFi経由でPCの仮想カメラに送信し、PC上にて一般的なUSBカメラ動画表示アプリで表示しています。