タグ別アーカイブ: ウェアラブル

ウェアラブルカメラ取付位置の考察

遠隔作業支援用ウェアラブルカメラの選定は悩ましいです … どこで何を撮るのか、撮った動画をどうするのか、必要な解像度・フレームレート・レンズは、等々。ここでは、上図のような作業者と指令所の遠隔コミュニケーション環境において、作業者の体のどこにカメラを付けるべきなのかを考察してみます。

作業内容を2つに分けます。

  • 集中型:作業対象の装置等に集中する
  • 分散型:警備員のように注意力を多点に分散させる

作業対象までの距離を2つに分けます。

  • 近:手が届く範囲
  • 遠:1メートル以上先

以下表のように、各作業内容・対象から付けるべき部位を分類します。

集中型 分散型
① 眉間
② 頭部 ③ 胴

ウェアラブルカメラ取付位置の考察

『集中型:近』では、作業者が「このレバー」と言ったときに、指令所に「どのレバー」か伝わらなくてはなりません。①眉間近傍にカメラが無いと正確に伝わりません。取付位置の都合、カメラは小型で軽量な必要があります。

『集中型:遠』ではカメラ位置に対する厳しい要件は無く、頭部の付けやすい場所で良いです。②頭部側面であれば、防水性等を考慮したカメラを作りやすいです。

『分散型:遠』では、頭部にカメラがあると画像が動き過ぎて見辛いです。③胴体にカメラを付けることで動きをかなり抑えられます。

当社では遠隔作業支援向けシステムを開発していて、このような課題の解決を日々模索しています。関連ページ:小型高感度カメラ

…なお、『分散型:近』は実用性が低いので考慮から外しました。

OWLIFT スマートグラスInfoLinkerと連携

スマートグラスInfoLinkerに、小型サーマルカメラOWLIFTを接続できました。対象の温度画像がヘッドマウントディスプレイに映し出されます。暗視等、InfoLinkerの新たな可能性を引き出せます。なお、本ソフトウェアの公開方法・時期は未定です。

OWLIFT-InfoLinker

以下展示会でお披露目します。ご来場ください。

OWLIFT-MOVERIO 固定具

小型サーマルカメラOWLIFTをスマートグラスMOVERIOに固定する器具を、3Dプリンタで試作しました(関連記事 OWLIFT-MOVERIO連携)。良い感じに固定できました。

MOVERIO-OWLIFT

以下展示会でお披露目します。ご来場ください。