タグ別アーカイブ: USB規格

USB規格

USBディスクリプタ解析ツール USB Device Tree Viewer

USBディスクリプタ解析ツール USB Device Tree Viewer

ディスクリプタの解析にはUSBプロトコルアナライザが有用ですが、簡易的な解析であればUSB Device Tree Viewerが便利です。ここではUSB Device Tree Viewerの使い方を説明します。

ダウンロード

USB Device Tree Viewer はこちらで公開されています。
usbtreeview.zip をダウンロードして展開します。

実行

[展開したフォルダ]\Win32\UsbTreeView.exe を実行します。

解析したいUSBデバイスをPCに接続すると、左側のビューにそのデバイスが現れます。 その現れたデバイスを選択すると、右側のビューにそのディスクリプタ内容が表示されます。 クラスデコードして表示してくれます。

選択中のデバイスの解析内容を保存するには、メニューの [File]->[Save Report from selected item] を選択して、保存先のファイル名を指定します。

その他

USB Device Tree Viewer は、USB Device Viewer (usbview.exe) をベースに開発されたそうです。USB Device Viewer はマイクロソフト社の Windows Driver Kit などに含まれている Debugging Tools for Windows のプログラムであり、オープンソース化されました。USB Device Viewer は WDK7 (Windows7用のWDK) では uvcview.exe という名称でした。

USBディスクリプタ解析ツール usbview

この記事の内容は古いです。新しい記事をご参照ください。

ディスクリプタの解析にはUSBプロトコルアナライザが有用ですが、簡易的な解析であればマイクロソフト社製ツールusbviewが便利です。ここではusbviewの使い方を説明します。

ダウンロード

usbviewはWindowsデバイスドライバの開発キットであるWDK(Windows Driver Kit)に同梱されています。2013/4時点のダウンロードサイトはこちらです。WDKをダウンロードし、インストールします。

実行

usbviewは以下に格納されています。

32bit環境 : {WDKインストールフォルダ}\Tools\x86
64bit環境 : {WDKインストールフォルダ}\Tools\x64

usbview.exeを実行します(Winodow左上のプログラム名は”USB Device Viewer”と表示されていますが)。

usbview

解析したいUSBデバイスをPCに接続すると、左側のビューにそのデバイスが現れます。 その現れたデバイスを選択すると、右側のビューにそのディスクリプタ内容が表示されます。 クラスデコードして表示してくれます。

usbview

その他

UVC1.5に対応しているようです(UVC1.5デバイスが市場にまだ無いため未確認)。
WDK7 (Windows7用のWDK) では”uvcview.exe”という名称でした。

USB規格とUVC規格 初級講座(USB3.0カメラ、Android USB接続カメラ ~ ソフトウェア開発の基礎)

  • 日時 : 2013/1/25 13:00-17:00
  • 会場 : マクニカ第1ビル(新横浜)
  • 講演者 : 弊社・馬場、長野

USB/UVC規格の基礎解説と、Android USBホスト機能を活用したUSBカメラ開発、DirectShow、USBカメラに関する新規格、Cypress FX3等USBコントローラデバイスの紹介を行いました。 会場内ではCypress FX3を用いたデモ4件、Android USBカメラのデモ3件を展示しました。

20130125_2

多数の方のご来場、ありがとうございました。