OWLIFT C Library for Windows: Getting and Converting Image
OWLIFT C Library for Windows  1.7.0
Top Page
関数
Getting and Converting Image

関数

OwStatus_t OwLib_CaptureSetup (OwDev dev, OwFrameRate_t frameRate, OwLibCaptureProc proc, void *userData)
 
OwStatus_t OwLib_CaptureStart (OwDev dev)
 
OwStatus_t OwLib_CaptureStop (OwDev dev)
 
void OwLib_CaptureRelease (OwDev dev)
 
LepTelemetryDataLineAOwLib_GetTelemetryData (OwDev dev, BYTE *buf)
 
OwStatus_t OwLib_Decode (OwDev dev, BYTE *srcBuf, BYTE *dstBuf, UINT32 dstBufLen, UINT32 dstBufStride, OwDecodeType_t dtype)
 
void OwLib_FinishDecode (OwDev dev)
 
OwStatus_t OwLib_GetTempTable (OwDev dev, UINT16 *buf, UINT32 bufLen)
 
int OwLib_GetLastTempResolution (OwDev dev)
 
void OwLib_GetDecodeRange (OwDev dev, INT32 *minTempp, INT32 *maxTempp)
 
void OwLib_SetDecodeRange (OwDev dev, INT32 minTemp, INT32 maxTemp)
 
OwDecodeType_t OwLib_GetManualGainType (OwDecodeType_t dtype)
 
OwDecodeType_t OwLib_GetLinearAutoGainType (OwDecodeType_t dtype)
 
OwDecodeType_t OwLib_GetNonLinearAutoGainType (OwDecodeType_t dtype)
 
OwDecodeType_t OwLib_GetAutoGainType (OwDecodeType_t dtype)
 
BOOL OwLib_GetSubtractionTemp (OwDev dev)
 
void OwLib_SetSubtractionTemp (OwDev dev, BOOL enabled)
 
OwStatus_t OwLib_SetSubtractionTempTable (OwDev dev, UINT16 *buf, UINT32 bufLen)
 
BOOL OwLib_GetColorizeByRaw (OwDev dev)
 
void OwLib_SetColorizeByRaw (OwDev dev, BOOL enabled)
 
void OwLib_SetWindowCorrection (OwDev dev, OwWindowCorrectionType wctype, int reserved)
 
void OwLib_GetWindowCorrection (OwDev dev, OwWindowCorrectionType *wctype, int *reserved)
 

詳解

関数詳解

◆ OwLib_CaptureRelease()

void OwLib_CaptureRelease ( OwDev  dev)

再生の設定を解放します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。

◆ OwLib_CaptureSetup()

OwStatus_t OwLib_CaptureSetup ( OwDev  dev,
OwFrameRate_t  frameRate,
OwLibCaptureProc  proc,
void *  userData 
)

再生の設定を行います。この関数を実行すると内部的に再生用のデータが確保されます。 再生を開始・終了した後、確保された領域を解放するには OwLib_CaptureRelease() を実行します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
frameRate[in] フレームレート。
proc[in] 再生中に呼ばれるコールバック関数。デバイスからフレームが出力されるたびに呼ばれます。 ユーザは OwLibCaptureProc 型のユーザ定義関数の中でフレームを取得します。
userData[in] proc に渡す任意の値。
戻り値
エラーコード。

◆ OwLib_CaptureStart()

OwStatus_t OwLib_CaptureStart ( OwDev  dev)

再生を開始します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
戻り値
エラーコード。

◆ OwLib_CaptureStop()

OwStatus_t OwLib_CaptureStop ( OwDev  dev)

再生を終了します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
戻り値
エラーコード。

◆ OwLib_Decode()

OwStatus_t OwLib_Decode ( OwDev  dev,
BYTE *  srcBuf,
BYTE *  dstBuf,
UINT32  dstBufLen,
UINT32  dstBufStride,
OwDecodeType_t  dtype 
)

フレームのRawデータを各種の形式および温度データに変換します。 原則的に OwLib_CaptureSetup() に渡す OwLibCaptureProc 型のコールバック関数内で実行してください。 1つのフレームに対してこの関数を1回以上実行した場合、次のフレームに対してこの関数の実行する前に、 OwLib_FinishDecode() を実行する必要があります。 OwLib_CaptureStart() の後、一定時間は OWST_OK 以外を返す可能性があります。 OWST_OK 以外が返された場合は、コールバック関数を抜けてください。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
srcBuf[in] フレームのRawデータ。
dstBuf[out] 変換後のフレームを格納するバッファ。
dstBufLen[in] dstBuf が指す領域のサイズ。バイト単位。
dstBufStride[in] dstBuf が指す領域のストライド。バイト単位。 0 を指定すると自動的に計算されます。 dtype が OWDECODETYPE_RAW_14, OWDECODETYPE_TEMPERATURE_16 のときは無効です。
dtype[in] デコード形式。
戻り値
エラーコード。

◆ OwLib_FinishDecode()

void OwLib_FinishDecode ( OwDev  dev)

1つのフレーム対する OwLib_Decode() の実行を終了したことを通知します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。

◆ OwLib_GetAutoGainType()

OwDecodeType_t OwLib_GetAutoGainType ( OwDecodeType_t  dtype)

OwLib_GetNonLinearAutoGainType() の別名です。 詳細は OwLib_GetNonLinearAutoGainType() を参照してください。

◆ OwLib_GetColorizeByRaw()

BOOL OwLib_GetColorizeByRaw ( OwDev  dev)

Rawデータから直接色変換を行うかどうかを設定します。 TRUE のとき温度を取得できません。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
戻り値
TRUE : 有効, FALSE: 無効。

◆ OwLib_GetDecodeRange()

void OwLib_GetDecodeRange ( OwDev  dev,
INT32 *  minTempp,
INT32 *  maxTempp 
)

マニュアルゲイン制御の画像変換について、最低温度と最高温度を取得します。 マニュアルゲイン制御では、指定の最低温度がカラーテーブルの最小値、最高温度がカラーテーブルの最大値となるよう補正します。 最低温度未満の温度は最低温度の色に、最高温度以上の温度は最高温度の色に切り詰められます。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
minTempp[out] 最低温度が格納されます。単位は 0.01 Kelvin。
maxTempp[out] 最高温度が格納されます。単位は 0.01 Kelvin。

◆ OwLib_GetLastTempResolution()

int OwLib_GetLastTempResolution ( OwDev  dev)

最後にデコードしたフレームにおける温度テーブルの分解能を取得します。 OwLib_GetTempTable() の温度データをこの値で割るとKelvin値が得られます。 この関数は呼ぶのは OwLib_Decode() を呼んだ後である必要があります。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
戻り値
10, 100

◆ OwLib_GetLinearAutoGainType()

OwDecodeType_t OwLib_GetLinearAutoGainType ( OwDecodeType_t  dtype)

指定のゲイン制御のデコード形式を線形型自動ゲイン制御の形式に変換します。

引数
dtypeデコード形式。
戻り値
dtype に対応する線形型自動ゲイン制御の形式。 dtype が線形型自動ゲイン制御の形式のときは、dtype を返します。 対応する自動ゲイン制御の形式がないときは OWDECODETYPE_UNKNOWN を返します。

◆ OwLib_GetManualGainType()

OwDecodeType_t OwLib_GetManualGainType ( OwDecodeType_t  dtype)

指定のゲイン制御のデコード形式をマニュアルゲイン制御の形式に変換します。

引数
dtypeデコード形式。
戻り値
dtype に対応するマニュアルゲイン制御の形式。 dtype がマニュアルゲイン制御の形式のときは、dtype を返します。 対応するマニュアルゲイン制御の形式がないときは OWDECODETYPE_UNKNOWN を返します。

◆ OwLib_GetNonLinearAutoGainType()

OwDecodeType_t OwLib_GetNonLinearAutoGainType ( OwDecodeType_t  dtype)

指定のマニュアルゲイン制御のデコード形式を非線形型自動ゲイン制御の形式に変換します。

引数
dtypeデコード形式。
戻り値
dtype に対応する非線形型自動ゲイン制御の形式。 dtype が非線形型自動ゲイン制御の形式のときは、dtype を返します。 対応する自動ゲイン制御の形式がないときは OWDECODETYPE_UNKNOWN を返します。

◆ OwLib_GetSubtractionTemp()

BOOL OwLib_GetSubtractionTemp ( OwDev  dev)

温度データ差分出力の有効・無効の状態を取得します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
戻り値
該当する値。

◆ OwLib_GetTelemetryData()

LepTelemetryDataLineA* OwLib_GetTelemetryData ( OwDev  dev,
BYTE *  buf 
)

指定のフレームバッファ上の Telemetry Data へのポインタを取得します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
buf[in] フレームバッファ。
戻り値
エラーコード。

◆ OwLib_GetTempTable()

OwStatus_t OwLib_GetTempTable ( OwDev  dev,
UINT16 *  buf,
UINT32  bufLen 
)

温度データを取得します。 1つのフレームに対して1回以上 OwLib_Decode() を実行した後から OwLib_FinishDecode() を実行するまでの間、取得可能です。 OwLib_Decode() で dtype に OWDECODETYPE_TEMPERATURE_16 を指定した場合と同じデータが取得されます。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
buf[out] 温度データが格納されます。1ピクセルあたり16-bitです。 単位は OwLib_GetLastTempResolution() によって取得される分解能で決まります。
  • OWLIFT Type-A の温度分解能は 1/100。温度データを100で割ると Kelvin 値が得られます。
  • OWLIFT Type-B の温度分解能は 1/10。温度データを10で割ると Kelvin 値が得られます。
bufLen[in] buf が指す領域のサイズ(バイト数)。
戻り値
エラーコード。

◆ OwLib_GetWindowCorrection()

void OwLib_GetWindowCorrection ( OwDev  dev,
OwWindowCorrectionType wctype,
int *  reserved 
)

保護窓使用時の補正の種類を取得します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
wctype[out] 補正の種類の格納先。
reserved[out] 未使用。

◆ OwLib_SetColorizeByRaw()

void OwLib_SetColorizeByRaw ( OwDev  dev,
BOOL  enabled 
)

Rawデータから直接色変換を行うかどうかを取得します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
enabled[in] TRUE : 有効, FALSE: 無効。

◆ OwLib_SetDecodeRange()

void OwLib_SetDecodeRange ( OwDev  dev,
INT32  minTemp,
INT32  maxTemp 
)

マニュアルゲイン制御の画像変換について、最低温度と最高温度を設定します。 マニュアルゲイン制御の動作については OwLib_GetDecodeRange() も合わせて参照してください。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
minTemp[in] 最低温度。単位は 0.01 Kelvin。
maxTemp[in] 最高温度。単位は 0.01 Kelvin。

◆ OwLib_SetSubtractionTemp()

void OwLib_SetSubtractionTemp ( OwDev  dev,
BOOL  enabled 
)

温度データ差分出力の有効・無効の状態を設定します。 有効に設定すると、現在の温度データから OwLib_SetSubtractionTempTable() によって設定された温度データが差し引かれます。 OwLib_GetTempTable() で取得される温度データは、差し引かれた後の値となります。 また、デコード処理は差し引かれた後の温度データを元に計算されます。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
enabled[in] TRUE : 有効, FALSE: 無効。

◆ OwLib_SetSubtractionTempTable()

OwStatus_t OwLib_SetSubtractionTempTable ( OwDev  dev,
UINT16 *  buf,
UINT32  bufLen 
)

温度データ差分出力の基準となる温度データを設定します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
buf[in] 温度データ。
bufLen[in] buf が指す領域のサイズ(バイト数)。
戻り値
エラーコード。

◆ OwLib_SetWindowCorrection()

void OwLib_SetWindowCorrection ( OwDev  dev,
OwWindowCorrectionType  wctype,
int  reserved 
)

保護窓使用時の補正の種類を設定します。

引数
dev[in] デバイスハンドル。
wctype[in] 補正の種類。
reserved[in] 未使用。